デルタ システム ソリューションズ 株式会社

【リリース】タイ語翻訳AIカメラ for LINEBOT(3/4)

タイ語で書かれた本を翻訳してみる!

ずっと気になっていたことがあります。

タイで売られているタイ語オンリーの本は、翻訳ソフトを使えば内容がわかるのか?

結果がわかりやすいように、「タイ語に翻訳された日本の小説」で検証してみたいと思います。

タイ語の日本小説を求めて、バンコクの紀伊国屋書店に行ってみると・・・
文学コーナーにありました!
タイ語版の東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が絶賛発売中。

紀伊国屋書店 in バンコク
帰国後、日本語版の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』も購入して、検証開始!

2冊の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(購入済み)

タイ語版の1頁目
本家、日本語版
文字認識位置
タイ語
โชตะเป็นคนเสนอให้ไปบ้านร้าง โดยบอกว่ามีบ้านร้าง
เหมาะ ๆ อยู่หลังหนึ่ง
“บ้านร้างเหมาะ ๆ ที่ว่ามันเป็นยังไง” อัตสึยะก้มมอง
โชตะผู้มีร่างเล็ก อีกทั้งใบหน้ายังคงเหลือเค้าความเป็นเด็กชาย
ให้เห็น
“เหมาะก็คือเหมาะ หมายความว่ามันเหมาะที่จะใช้ซ่อน
ตัวไง ฉันบังเอิญเจอบ้านหลังนั้นตอนมาดูลาดเลาครั้งก่อน แต่
ไม่คิดว่าจะได้ใช้ซ่อนตัวจริง ๆ”
“ฉันขอโทษนายสองคนด้วยนะ” โคเฮซึ่งมีร่างกายใหญ่
โตทำตัวลีบ มองรถโตโยต้า คราวน์รุ่นเก่าที่จอดอยู่ข้าง ๆ ด้วย
สายตาอาลัยอาวรณ์ “ไม่นึกฝันเลยว่าแบตเตอรี่จะมาหมดเอา
ตรงนี้”
音訳
chotapenkhonsenohaipaibanrang doibokwamibanrang
mo ๆ ayulangnueng
“banrangmo ๆ thiwamanpenyangngai” atsueyakommong
chotaphumiranglek ikthangbainayangkhonglueakhaokhwampendekchai
haihen
“moก็khuemo maikhwamwamanmothichachaison
tuangai chanbangoenchoebanlangnantonmadulatlaokhrangkon tae
maikhitwachadaichaisontuacharing ๆ”
“chankhothotnaisongkhonduaina” khohesuengmirangkaiyai
tothamtualip mongrottoyota khraorunkaothichotayukhang ๆ duai
saitaalaiawon “mainuekfanloeiwabaettoerichamamotao
trongni”
日本語訳 Microsoft
翔太は無人の家があると言って、さびれた家に申し出た。
良いスカウトは1の背後にある
「さびれた家の良いスカウトは、それがどのようにあるか」
翔太は小さな体を持ち、顔は残りの少年のままです。
お会いできて
「理想は理想であり、隠れるのに最適です。
あれは、何ですか。私はラトラオだったとき、私は偶然家に遭遇しました。
私はそれが本当に隠れているとは思わない。
「私は2人のために謝罪します。コヘパリンの大きな体
その横に駐車されている古いトヨタクラウンを見るために。
アウォンは「バッテリーが出てくるのも不思議ではない。
ほら」
日本語訳 Google
翔太は廃屋に行くことを申し出た。廃屋があると言って
1つ後に適しています
「廃屋は、それがどのようなものであったかに最適です」と、Atsuyaは見つめた。
小さな体を持っている翔太そして、顔はまだボーイッシュな表情をしています
見るために
「理想的です非表示に使用するのに適しているという意味
最後のランプを見たときにたまたまその家に出くわしましたが、
隠すために実際に使用できるとは思わない」
「ごめんなさい、あなたも二人」と、大きな体を持つコーエは言った。
隣に駐車されている古いトヨタクラウン車を見ながら成長しています。
追憶「バッテリーが切れるなんて夢にも思わなかった。
ここです。」
どうでしょうか?
文字を見比べてみた限り、「タイ語文字起こし」の誤りはなさそうです。
となると、純粋にタイ語の翻訳精度が見えてくるわけですが、Google翻訳のほうは意味が何となくわかると言えばわかる。
ただ、小説として楽しむには細かい言い回しが微妙、といったところです。
AI翻訳は、文学的表現が苦手なのかも。

多言語のAI翻訳は、一旦英語の翻訳を介しているそうです。
「タイ語→英語→日本語」といった順に翻訳しているので、その過程で微妙なニュアンスが変わってくることもあるのでしょうね。

あなたへのおすすめ記事