デルタ システム ソリューションズ 株式会社

LINE BOTでお店ランキング表示サービスをつくろう!(5/5)

GASからGmailで障害メール送信

LINEボットのシナリオ作りで、「システムエラー発生時に管理者へメール通知」というものを含めました。
GASから管理者にメール送信する仕組みですが、この実装方法が衝撃的に簡単だったので、別立てで紹介します。

Google Apps Scriptを使っているという前提のもと、同じGoogleの「Gmail」を使います。
Gmail.gs
/*==============================
 Gmailの操作
==============================*/

/*
 エラー発生メール送信
  errDescription:エラー内容
*/
function sendErrorMail(errDescription) {
  
  //宛先
  var toAddress = "xxxxx@zzzz.com";
  //件名
  var subject = "【LINEBOT】エラー発生のお知らせ";
  //メール内容
  var body = "「お店ランキン蘭子さん」よりエラー発生をお知らせします。\n\n"
           + "■エラー内容\n" + errDescription
  
  //Gmail送信
  MailApp.sendEmail({
    "to": toAddress,
    "subject": subject,
    "body": body,
    "noReply": true
  });
}
Gmail送信の最もシンプルなGASの記述は
MailApp.sendEmail([送信先メールアドレス], [件名], [本文]);
です。
この時の送信者は「GAS管理者のメールアドレス」になります。

自動送信メールなので返信不要とする場合は「"noReply": true」を付けます。
送信者のメールアドレスが「noreply@〜」になり、メールの受信者は返信できなくなります。
MailApp.sendEmail({
    "to": [送信先メールアドレス],
    "subject": [件名],
    "body": [本文],
    "noReply": true
});
たった1行の関数コールでメール送信が実装できるのは驚きです。
「GASとスプレッドシート」、そして「GASとGmail」は相性が良いということを覚えておいて損はありませんね!

LINE BOT、ここに完成!

かくして、LINEボットのサービス「お店ランキン蘭子さん」が完成いたしました。
普段使いできるサービスに仕上がったので、ぜひ友だち登録してご利用ください!

友だち追加


5

あなたへのおすすめ記事